本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
海外専門家に永住権など付与へ 韓国・済州道が推進
作成日
2012.03.14
ヒット
278
제목 없음

聯合ニュースによると、

韓国の済州特別自治道は13日、観光や投資、食品、韓方(漢方)・バイオ、再生可能エネルギーなどの重点産業の発展に向け、海外の専門家に永住権を与える方針を明らかにした。

 済州道は、特定分野で有能な専門家を海外から誘致するため、これら分野に従事する外国人に専門職業(E-5)滞在資格、あるいは永住権(F-5)を与える内容の出入国特例案をまとめる。これを来年上半期(1~6月)に済州特別自治道特別法に反映させられるよう、韓国政府に要請する計画だ。

 現行の出入国管理法施行令は、韓国法に基づき資格が認められた外国の弁護士や公認会計士、医師などの専門職に限り、韓国滞在資格を与えている。

 政府は済州道の建議を受け2010年2月から、済州で分譲価格50万ドル(約4100万円)以上のリゾート物件を取得した外国人に対し、5年間は居住ビザ、その後は永住権を与える制度を運用している。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.03.13)