本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州大、現場密着型の産学協力支援事業を推進へ
作成日
2012.03.29
ヒット
289
제목 없음

聯合ニュースによると、

済州大学校が教育科学技術部の産学協力先導大学支援事業(LINC)の対象に選定された。

済州大は28日、教育科学技術部のLINC事業の対象に全国51校が選定され、そこに済州大が含まれたことを明らかにした。

済州大はLINC事業の「技術革新型」と「現場密着型」のうち現場密着型事業を推進し、5年間で年間20億~40億ウォンを支援される。

それを受け、済州大は「創業教育センター」と「現場実習支援センター」を設置し、地域産業につながる学生就業および起業を支援する予定。案額協力専門担当教授制度も導入し、企業と大学の就職ズレの解消に向けた産業体向け支援プログラムを運営する。

済州大からは風力サービス、クリーンヘルシーフード、ビューティ香粧、休養型MICE産業育成など済州道先導戦略産業分野のプロジェクト4件に適用できる6単科大学35学科が参加し、企業との協力強化や企業向け特性化プログラムの支援などを図る予定。

済州大のイ・ナムホ産学協力団長は、「今回のLINC以遠事業により、済州地域の企業と大学が実質的な協力関係を構築することになる」とし、「学生たちの就職率を高め、地域企業の競争力も高めることで産業の発展に役立つと期待される」と話した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.03.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。