本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州、「馬」産業の育成図る
作成日
2012.04.16
ヒット
484
제목 없음

聯合ニュースによると、

済州道が乗馬テーマパークと乗馬トレッキングコース、馬テーマ体験村を造成するなど、馬関連産業の育成に積極的に乗り出す。

済州道は14日、来年から2015年まで30億ウォンを投資し、西歸浦市の1箇所に乗馬場、馬舎、室内馬場、乗馬調教施設、展示・広報館などを備えた乗馬テーマパークを造成する計画を明らかにした。

ここには乗馬体験プログラムの運営に必要な用具と施設なども設けられ、香粧品の生産及び販売売り場も入る。

来年上半期に公募を経て、乗馬テーマパーク造成事業者を選定する予定。

乗馬愛好家が馬に乗って済州の広い草原を走る済州型乗馬トレッキングコースと乗馬学習場も設けられる。

道は来年にまず16億ウォンを投資し、済州市の恵まれた自然を活用した乗馬トレッキングコース1箇所と乗馬学習場4箇所を建て、新たな観光資源として育成する。

続いて、追加的に32億ウォンを投資して4箇所の乗馬トレッキングコースを追加造成し、国際トレッキング大会と乗馬フェスティバルなどを誘致して乗馬産業を集中的に育成していく計画だ。

また、昔から馬の産地として有名な西歸浦市南元邑衣貴里に乗馬場、農村文化体験館、乗馬コースなどを造成し、町の景観をきれいに整備して済州を代表する馬体験村に作り上げる方針。

さらに、来年40億ウォンをかけて済州市に入院施設及びリハビリ施設などを備えた馬専門の動物病院を1箇所建て、馬を専門的に診療できる体系を構築する。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.04.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。