本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州ヘルスケアタウン造成事業が本格化
作成日
2012.04.19
ヒット
291
제목 없음

聯合ニュースによると、

医療と観光、休養を兼ねる済州ヘルスケアタウン造成事業が本格的に開始された。

国土海洋部は17日、済州西歸浦市吐坪洞で国土海洋部のハン・マンヒ第1次官、済州国際自由都市開発センター(JDC)のビョン・ジョンイル理事長、済州道のウ・グンミン知事などが参加した中で済州ヘルスケアタウンの着工式を行った。

済州ヘルスケアタウンは、韓国の優れた医療技術と済州道の恵まれた自然環境を連係し、医療と休養が共存する1539千平方メートル規模の団地を造成する事業。国土部とJDCが推進する6大中核プロジェクトの1つだ。

健康検診センター、リハビリ専門病院、医療研究開発センターなど専門医療施設とコンドミニアムなど休養施設が設けられ、韓国人だけでなく日本、中国など外国人に向けたグローバルな医療環境が整えられる。

国土部は765億ウォンを投入し、2014年末まで敷地造成工事を完了する計画だ。

JDCは、最近国内外の企業が投資意向を示しており、今後の事業見通しが明るいと期待している。

昨年12月、JDCMOUを締結して優先交渉対象者に選定された「(韓国)-中大地(中国)コンソシアム」は45万平方メートルの敷地に約4670億ウォンを投資し、検診センター、高齢者・リハビリ専門病院、休養滞在施設などを造成する意思を示した。現在は本契約の締結に向けて交渉が行われている。

昨年12月にMOUを締結した中国の绿地集1089千平方メートルの敷地に1兆ウォンを投資し、医療研究開発センター、休養文化施設、宿泊施設などを造成する意向を示している。

済州ヘルスケアタウンの造成は地域経済の活性化に役立ち、韓国医療産業の国家成長動力産業への育成にも大いに寄与すると期待される。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.04.17)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。