本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
第7回ソウルイニシアティブ政策フォーラム、済州で開幕
作成日
2012.05.30
ヒット
288
제목 없음

聯合ニュースによると、

アジア太平洋地域のグリーン成長方策を議論

アジア太平洋地域のグリーン産業・技術の促進をテーマにした「第7回グリーン成長に向けたソウルイニシアティブ(Seoul Initiative)政策フォーラム」(以下、SI政策フォーラム)30日、西歸浦市のKALホテルで開幕した。

環境部と国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)が共催する今回の政策フォーラムには韓国を始め、中国とカンボジア、タイ、ウズベキスタンなど18カ国の環境関連公務員と学界・産業界の関係者など約100人が参加した。

来月1日まで「グリーンと経済の相乗効果」など6件のテーマに対する発表と討論が行われる。

ユ・ヨンスク環境部長官は初日に開会の挨拶を通じて、「グリーン経済、グリーン成長は気候変動と生物多様性の現象に代表される環境脅威時代の唯一なる解決策」とし、「韓国は2020年まで温室効果ガスの排出量を年間排出展望値より3割を削減する目標に挑戦している」と話した。

ユ長官は、「今回のフォーラムがグリーン成長の概念と実践、政策と技術を広くまで伝え、国連の「ミレニアム開発目標」を達成するための根本的なきっかけになってほしい」と付け加えた。

SI政策フォーラムは2005年の「第5回アジア太平洋環境開発長官会議」で韓国の提案により、アジア太平洋地域のグリーン成長伝播に向けたプログラムのひとつとして採択された。

参加者らはフォーラムの最終日となる61日に済州スマートグリッド実証団地広報館を見学し、韓国のグリーン成長技術を体験する予定。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.05.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。