本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
中国の緑地グループ、済州ヘルスケアタウン着工へ
作成日
2012.11.01
ヒット
305
제목 없음

聨合ニュースによると、

제주 헬스케어타운 착공

778千㎡に1兆ウォンを投資…医療研究開発センター設立

世界500大企業に入る中国国営企業の緑地グループが済州に大規模ヘルスケアタウンの造成を開始した。

緑地グループと済州国際自由都市開発センター(JDC)30日午後、西歸浦市の済州ヘルスケアタウン事業敷地で起工式を行い、工事に着手した。

起工式は緑地グループ会長やJDC理事長、国・地方政府の関係者など約500人が出席した中、記念食事と発破セレモニー、鍬入れなどの順番で行われた。

緑地グループの会長は記念式で「今回の事業で、より多くの中国人に済州観光ができる良い基盤が構築された」とし、「韓国と中国企業の協力を通じた成功を生み出したい」と話した。

緑地グループは済州ヘルスケアタウン内の778千㎡の「緑地リゾート」造成に今後1兆ウォンを投資する予定。

緑地リゾートはヘルスケアタウン事業敷地(1539千平方メートル)の半分を占める規模で、医療研究開発(R&D)センター、休養文化施設、宿泊施設などが造成される。

緑地グループは韓国現地法人の緑地韓国投資開発を通じて、1段階に2014年まで2千億ウォンを投資して休養コンドミニアムを建てる予定。続いてウェルネスモール、ウェルビングフードゾーン、ヒーリングガーデン、テラソリゾーテル、医療研究開発センター、アンチエイジングセンターなどを建設する計画。

緑地韓国投資開発は1019日、JDCと済州ヘルスケアタウン投資協約を締結した。

緑地グループは中国上海に本社を置く不動産開発企業で、中国内企業評価で87位、世界500大企業に入る中国の国営企業。

原文記事

出所:聨合ニュース(2012.10.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。