本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
ドラマ・映画のロケは済州島で 今年は35作品撮影
作成日
2012.11.19
ヒット
280
제목 없음

聨合ニュースによると、

済州島がドラマや映画、ミュージックビデオのロケ地として注目を浴びている。

 済州特別自治道が18日までにまとめた集計によると、今年に入り済州でロケを行った映画は「建築学概論」「道の上で」「オオカミ少年」など13作品、ドラマは「神たちの晩餐(ばんさん)」「ラブアゲイン」など7作品で、地上波放送のドキュメンタリー、ミュージックビデオなどを含めると33作品に上る。

 昨年は「チャンプ」「ペースメーカー」など映画15作品、「不屈の嫁」「神たちの晩餐」などドラマ5作品のロケが行われ、2010年から今年10月まで済州で撮影された映像物は90作品を超える。

 ロケは済州全域で行われたが、人気が高かったのは牛島、ソプジコジ、城山日出峰、中文観光団地、海岸道路など。牛島は女優チョン・ドヨンが済州の海女の役を演じた映画「初恋のアルバム~人魚姫のいた島」の舞台となって以来、人気ロケ地として急上昇した。島には洞窟や砂浜、灯台などが調和を成し、風景が美しいだけでなく、済州の海女の文化が保存されている。

 


牛島(韓国観光公社提供)=(聯合ニュース)

 ソプジコジは2003年のSBSドラマ「オールイン」の舞台となってから観光地としても人気を集めている。海岸の絶壁や奇岩、灯台、芝生などの絶妙な風景と日の出、日の入りが美しい。

 同道は映画やドラマの制作を通じた済州の広報に向け、過去3年間、制作会社に20億ウォン(約1億5000万円)余りの制作費を支援した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2012.11.18)