本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州観光公社、インドネシア観光客の誘致に本腰
作成日
2013.01.28
ヒット
298
제목 없음

聨合ニュースによると、

済州観光公社がインドネシアのジャカルタで本格的な観光客誘致活動を開始した。

ジャカルタを訪問したヤン・ヨングン社長は22日、「インドネシアはシンガポールとマレーシアに続き、済州にとって東南アジアの3大観光市場に急浮上している」とし、「インドネシア政府と観光業界などを相手に済州観光活性化方策を協議している」と話した。

済州観光公社は、経済成長によって急増している中・上流階級を狙った高級観光商品を開発し、企業のインセンティブ旅行を誘致して東南アジアの韓流ブームを済州観光の活性化に結びつける計画。

そのため、済州観光公社は6月からジャカルタ-済州間でチャーター機の運航を開始することを目標にインドネシアの航空会社とちゃーたー機の運航について協議を行っている。

また、23日にはインドネシアの観光会社らと懇談会を行って済州観光商品の開発と観光客誘致策につじて協議を行い、上半期内に済州インセンティブ旅行説明会をジャカルタで開催する予定。

済州観光公社は21日にジャカルタのムリアホテルでマルズキ・アリー国会議長とジムリーアシジゲ元憲法裁判所長、韓国大使館の関係者などが参加した中、ロフミン・ダフリ前海洋水産相を済州観光名誉広報大使として委嘱した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.01.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。