本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州に移転した企業、総生産誘発効果は1437億ウォン
作成日
2013.02.26
ヒット
289
제목 없음

聨合ニュースによると、

済州に本社や支社を移転したり、研修院を設立した「移転企業」が地域経済に与える波及効果が大きいことがわかった。

済州発展研究院は20日、財務諸表上の損益計算書を確保できる8社の企業を対象に研究した「済州移転企業の波及効果に対する分析及び企業誘致活性化方策」を発表した。

この研究によると、2005年~2011年に移転した8社の役職員の賃金における消費支出を50%にすると、総生産誘発効果は1437億ウォン、付加価値誘発効果は813億ウォン、雇用誘発効果は1868人となる。

詳しく見ると、賃金の消費支出による生産誘発効果は406億ウォン、付加価値誘発効果は234億ウォン、雇用誘発効果は608人となる。

営業費用支出による生産誘発効果はそれぞれ368億ウォン、248億ウォン、364人となり、建設費用支出による誘発効果はそれぞれ663億ウォン、331億ウォン、896人となる。

1社当たりの平均生産誘発効果は179億ウォン、付加価値誘発効果は102億ウォン、雇用誘発効果は233人となる。

また、移転企業は人材供給、原料調達、公共交通環境、物流環境などに満足していなかった。行政が優先的に支援すべき項目として雇用費用の支援、物流施設・流通システムの構築、専門人材の育成及び教育の拡大、政策資金の用途制限緩和、環境規制の緩和などを挙げた。

工場建設や事業場の拡大で生じる問題に関しては環境規制緩和、立地制度緩和、生産インフラ拡大、計画団地への移転補助金支援、ベンチャー集積施設・アパート型工場の構築と運営及び業種別特化団地の造成などの支援を求めた。

「企業しやすい済州」になるためには、済州道及び中小企業支援機関が専門人材の育成、行政手続き及び規制の緩和を優先的に行い、各種企業支援サービスの提供と仲介機能の強化、技術・研究開発の支援、資金調達支援、職員の教育訓練施設及びプログラムの支援などを行う必要があると調査された。

ハン・スンチョル責任研究員は移転企業の活性化と企業誘致の活性化に向け、協力ネットワークの構築と研究開発事業費の提供策の工夫、企業誘致に対する戦略的なマスタープラン策定などを提案した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.02.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。