本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州、無愁川遊園地開発 8月着工の見通し
作成日
2013.05.16
ヒット
256
제목 없음 제주 무수천 유원지 개발 조감도

 

聨合ニュースによると、

済州市無愁川一帯の遊園地開発事業が8月頃着工される見通しとなった。

済州市は中国の企業家で構成された()済州中国城開発が提出した無愁川遊園地地区の「BLACK PINE RESORT」開発事業を今月7日に承認、告示した。

同社は2017年まで、無愁川地区の451,146㎡に地上25階の休養コンドミニアム(341)とテーマ商店街、ヒーリングセンター、テーマ展示館、コミュニティセンターなどを建設する計画。

総事業費は2,627億ウォンで、現在まで187億ウォンを投入して74.9%の土地を購入した。

済州中国城開発は実施設計などの後続手続きを迅速に終了し、8月までは着工に入る方針。

済州市海岸洞無愁川遊園地は19866月に遊園地地区に指定され、1995年に()無愁レジャータウンが事業者に選定されたものの、投資誘致に失敗して事業から撤退した。2002年に()コピンコリアが開発事業の再開を図りかけたが失敗し、2007年に()無愁川シティが3回目の事業者に選定されたものの、4年以上も着工しなかったため201110月に開発事業施行承認が取り消された。

道内の観光業界などは、3回目の事業者となる済州中国城開発が計画通りに事業を推進していくかについて注目している。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.05.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。