本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州、IBM Smarter Cities Challengeプログラムに選定
作成日
2013.05.30
ヒット
288
제목 없음

聨合ニュースによると、

 

グローバルIT企業のIBMが行う「Smarter Cities Challenge」プログラムに済州が選定されたことがわかった。

済州道と韓国IBM27日午後、済州道庁で済州のグローバルブランド強化に向けた技術、サービス、コンサルティングを支援する「Smarter Cities Challenge2013 済州」の発足式を行い、本格的な業務を開始した。

IBMは来月14日まで各分野の専門家6人を済州に派遣し、産業、観光、文化、環境、グローバルな地位の強化など5つの領域に対する情報を収集・分析し、済州のブランド価値を引き上げるために進むべき道を提案する。

済州プロジェクトのために無償投資される技術とサービスは40万ドル相当。

IBM公募、済州道Smarter Cities Challenge2013」の対象都市に選定した。済州道は世界自然遺産や世界地質公園などユネスコの自然科学分野で三冠王に選定したことなどを活用したグローバルブランドの育成などをテーマにしたプログラムを応募した。

Smarter Cities Challengeは世界で約100都市を選定し、5千万ドル相当の技術とサービスの投資を通じてスマートな都市への変化を導くプログラム。

済州道はこのプログラムが行われると観光客や投資の誘致がさらに活性化され、国際自由都市の基盤構築にも役立つと期待を示した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.05.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。