本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、企業誘致活性化に向け政策討論会
作成日
2013.06.27
ヒット
258
제목 없음

聨合ニュースによると、

済州道が企業誘致を活性化するためには、他地域とは異なる独特なインセンティブを提供し、産業団地も拡大すべきとの意見が出された。

済州発展研究院のハン・スンチョル責任研究員は25日、済州道議会の議員会館で行われた「済州特別自治道の企業誘致活性化の模索」政策討論会で、「済州移転企業の波及効果分析及び企業誘致活性化方策」とのテーマ発表でこのような提案を行った。

ハン責任研究員は、「済州に移転した8社の企業が2011年まで生み出した総生産誘発効果は1437億ウォン、付加価値誘発効果は813億ウォン、雇用誘発効果は1868人と調査されるなど、地域経済に及ぼす波及効果は大きい」とし、産業構造が単純な済州にとって産業構造の多変化・高度化を図るために企業誘致は欠かせないと分析した。

彼は「済州に移転した企業が補助金支援と租税減免などインセンティブ制度を見て移転を決定したものの、現在は他の地域とは異なる済州ならではのインセンティブが不十分」とし、首都圏などに位置した企業を済州に誘致するためには他の地域より有利なインセンティブを導入する必要があると強調した。

特に、首都圏と隣接している江原道や忠清圏は交通網の発達に加え、移転企業に対するインセンティブの強化で多くの企業を誘致していると説明した。

ハン責任研究員はまた、済州地域内の産業団地は国家指定が1ヵ所、地方産業団地が1ヵ所、農工団地が3ヵ所など5ヵ所に過ぎず、他の地域に比べて大変足りない」とし、「産業団地の造成が地域経済を活性化し、地域住民の生活の質を引き上げる『基盤インフラ』だと認識し、産業団地の拡大を急がなければならない」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.06.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。