本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州先端科学技術団地、地域景気活性化を牽引
作成日
2013.08.08
ヒット
266
제목 없음

済州国際自由都市開発センター(JDC)が推進している核心プロジェクトのうち、済州先端科学技術団地が地域景気の活性化を牽引していることがわかった。

JDCによると、2010年に済州先端科学技術団地が竣工され、その後産業施設用地に入居契約をした17社の企業が投資した建設費が1,814億ウォンで、そのうち済州地域の建設会社が受注した金額は1,644億ウォンに達する。

また、入居企業の建設現場に投入された雇用者数が約1万人、入居企業の雇用者数が約1,100人で、地域内の雇用創出及び家計所得の増加に寄与していることが確認された。

JDCは、「現在、団地内入居企業の総売上は22503億ウォンに達しており、今後の済州経済の活性化に重要な役割を果たす」とし、「現在91社の企業を誘致しており、済州地域の先端知識産業及び産学研クラスターの拠点に成長していく」と話した。

JDCは追加企業誘致を通じた地域経済の活性化、人口流入、高付加価値の先端産業育成などに取り組み、第2先端科学技術団地の造成を推進する計画。

原文記事

出所:ニューシース(2013.08.06)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。