本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
米ブルックリン・ビール、済州でビール生産推進へ
作成日
2013.09.24
ヒット
409
제목 없음

済州道開発公社に提携を提案 「妥当性を検討」

米ニューヨークのブルックリンでクラフトビール(Craft beer)を生産するブルックリンビールが済州道開発公社と提携し、済州でビールを生産する事業を推進している。

クラフトビールとは、小規模のビール醸造所で独特なレシピで作られた地ビールのこと。ブルックリン・ビールは米国のクラフトビール市場でトップブランドとして知られる。

済州道開発公社は21日、ブルックリンビールから今年6月、提携を通じて済州にビール工場を設立する内容の提案があり、先月現代産業経済研究院に妥当性評価を任せたことを明らかにした。

公社は提携会社の設立に関する投資の妥当性、経済性、適切性、地域経済に与える影響など全般的な妥当性評価の結果を来月確認し、妥当と判断された場合は提携企業の設立を積極的に検討する予定。

ブルックリン・ビールは開発公社が現在生産しているプレミアムビール「JESPI」に使われる済州産麦と済州の火山岩盤地下水でエールタイプのビールを生産する計画。生産目標量は初年度に1,700kl10年目に10,000kl

ブルックリン・ビールのRobin Ottaway社長は今年4月に済州道開発公社を訪問し、地ビールのJESPIを飲んで「単純で薄い味の他の韓国ビールとは違う」と高く評価した。

彼は、地ビールの成功は地域のストーリーを取り入れ、独特な価値を提供することがカギとなるとし、済州は恵まれた自然環境ときれいな水に特色のある文化を併せ持っており、地ビールの生産に最適地と強調した。

済州道開発公社は7月末から韓国初の地ビールとなったJESPIを生産し、販売を開始した。現在販売されているビールはエールタイプの生ビール4(ピルスナー、ペールエール、ストロングエール、スタウト)、瓶ビール1(ピルスナー)など5種。年間生産能力60kl

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.09.21)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。