本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州にサービスデザイン融合センター建設 200億ウォン投資
作成日
2014.01.03
ヒット
267

聨合ニュースによると、

(済州=聯合ニュース)ホン・ジョンピョ記者=済州にサービスデザイン融合センターと観光総合ビジネスセンターが建設される。

済州道は2日、今年の政府予算に済州サービスデザイン融合センターの建設費(総事業費200億ウォン)10億ウォンと済州観光総合ビジネスセンターの建設費(総事業費200億ウォン)5億ウォンが反映され、事業が今年から本格的に進められる見通しだと発表した。

サービスデザイン融合センターの建設事業は、済州市民福祉タウン内の敷地(1万㎡)に済州の観光・医療・伝統産業などを対象にサービスデザイン融合技術の研究・開発基盤を構築する国策事業。韓国デザイン振興院が担当して推進する。2017年完工予定。

今年中に基本計画及び実施設計用役を終え、来年から建設工事が始まる見通しだ。

同事業が完了されれば、サービス融合デザインの研究・開発・支援と高級専門人材の育成などで済州のサービス産業の高度化やサービス産業と1・2次産業の同伴成長が期待される。

済州先端科学技術団地に建設される済州観光総合ビジネスセンターは済州の観光・農魚業産業と全国の産業団地を連携して新しい概念の済州型融・複合産業を育成するため、済州観光公社の主管で進められる事業である。

センターには全国産業団地の労働者を対象にした観光案内と福祉・相談施設、旅行・レンタカー業者、農水産物直売所などが設けられる予定。

済州観光公社は産業部の指針を基に今年は事業計画を樹立し、来年から工事を開始して2016年に完成する計画。

jphong@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.1.2)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。