本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道が馬産業特区に指定
作成日
2014.01.10
ヒット
241

聨合ニュースによると、

(済州=聯合ニュース)ジョン・ジヘ記者=済州道が農林畜産食品部が公募した特化団地事業の対象地に指定された。

2日国会農林畜産食品海洋水産委員会所属キム・ウナム議員によると、農林畜産食品部は済州道を唯一の馬産業特区に指定したと。

済州道は昨年、2017年まで2千140億ウォンを投資して馬産業振興計画を進めるとして道全域(1千849.2㎢)を特区に指定することを要請した。

済州道は、韓国で馬の飼育頭数67%以上を占め、乗馬施設50カ所を保有し、草地17000㏊(全国38000㏊の45%)に達する馬の生産・調教・施設など良好な自然条件を備えている。

馬産業特区に指定された済州道には、2012年樹立された馬産業育成5ヵ年計画に従って乗馬施設、教練施設、教育施設建設に必要な予算が支援される。

今後、済州道は2ヵ月以内に馬産業振興細部実行計画を樹立して農林畜産食品に提出しなければならない。今年5月まで基本及び実施設計用役段階を経て2017年まで発注・工事を進める。

事業計画によると、拠点調教施設、乗馬施設、人工授精センター、馬専門病院、乗馬総合ヒーリングセンター、馬飼育基盤施設、馬産業特性化学校、エコヒーリング観光馬路など、10の事業に868億ウォンの事業費が投入される。インフラ構築や地域経済の活性化などに寄与するだろうとキム議員は説明した。

キム議員は、「馬産業特区指定が、済州発展の新しい成長動力となるよう積極的に取り組む」と話した。

atoz@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.1.2)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。