本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「第2回アジア風力エネルギー博覧会」、済州で開幕
作成日
2014.02.24
ヒット
428

聨合ニュースによると、

more

【済州聯合ニュース】キム・ホチョン記者=「第2回アジア風力エネルギー博覧会」が19日、済州国際コンベンションセンターで開幕した。

国会新・再生エネルギー政策研究フォーラム・産業通商資源部・済州道が共同主催し、創意研究所・アジア風力協会・韓国風力産業協会などが共同で主管する今回の開幕式で、カン・チャンイル国会産業通商資源委員長は「韓国も環境に優しく、無限のエネルギー源である風力に関心を持っており、風力発電機の開発に拍車を掛けている。風力発電が人類の生存方式を変化させる重要な産業になるよう、関心と努力を注いでほしい」と呼びかけた。

今回の博覧会では、韓国洋上風力の課題、洋上風力の活性化方策、洋上風力供給網の概要、収益性洋上風力に向けた考慮事項、洋上風力団地の発展、再生可能な産業の宝庫、西南地域風力発電機の設置線の設計条件、日本浮体式実験場所の事例研究などのテーマ発表会と討論が行われる。

また、国内外新・再生エネルギー分野100社が200のブースで、洋上・大型風力発電機、多様な風力発電システムとソフトウェア、風力発電関連装置などを展示する。

韓国・中国・日本・モンゴル・フィリピンからアジア風力産業の関係者8千人余りが参加して、風力エネルギーの政策開発と情報交換窓口の役割を担うアジア風力協会も発足した。

済州道は、アジア風力協会事務局が済州に設置される場合、アジア風力発電産業のハブに成長する土台を構築できると期待している。

khc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.2.19)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。