本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓国情報化振興院、済州革新都市に研修院着工
作成日
2014.04.21
ヒット
256

聨合ニュースによると、

(済州聯合ニュース)ホン・ジョンピョ記者=韓国情報化振興院が23日、済州革新都市で研修院の着工式を行う。

情報化振興院は1,737㎡の敷地に来年4月まで215億7千万ウォン余りを投じて、地上4階、建物全体面積4,956㎡規模の研修院を建てる。

同院は2011年12月に本院を大邱革新都市へ、研修院は済州革新都市に移転することを決めた。

研修院は国家情報化推進をめぐる政策開発と健全な情報文化の造成、情報格差の解消等に向けた電算・情報教育を担当する。

済州革新都市に移転する9機関のうち、国土交通人材開発院と気象研究所は移転を完了し、公務員年金管理公団と国税公務員教育院・顧客満足センター・酒類免許支援センターなど、国税庁傘下3機関は現在庁舎を新築している。

韓国国際交流財団と在外同胞財団の2機関は庁舎賃貸から新築に計画を変更した。事業地を確保する次第に着工する予定。

jphong@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.4.16)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。