本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
JDC、済州フォーラムで投資誘致現状と戦略を模索
作成日
2014.06.03
ヒット
259

済州国際自由都市開発センター(JDC)は30日、済州フォーラムで済州の投資誘致現状と戦略を模索したと明らかにした。

JDCは「国際自由都市の成功に向けた経営及び投資誘致方策」をテーマに、各界の専門家らを招待して、グローバル済州に向けた広報方向と創造的な投資誘致戦略について話し合った。

ソルべイ・コリアのアンドレ・ノートン(Andre Nothomb)社長は、「全世界と競争できる済州を造成するため、観光と投資、教育環境分野の可能性を最大限に引き上げ、グローバル化に積極的に対応するべきだ」と述べた。

キム・ジュナム韓国ブランド振興院長は「済州国際自由都市のビジョンを達成するため、現在必要なのは地政学的な利点や対外開放拡大、対外信認度の向上、高度なR&D環境だ」とした上で、「韓国と中国の国家政策及び環境変化により、企業と個人の戦略的サービスのニーズが大幅に高まっているが、戦略的な金融サービスモデルがない」と話した。

済州大学のパク・キョンスク言論広報学科教授は「国際自由都市投資誘致に対する評価がまず実施されるべきだ。資本流入が容易な環境を造成するための条件が何なのかについて悩む必要がある」と述べた。


原文記事

出所:ニューシース(2014.5.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。