本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州特別自治道、先端製造企業を本格的に支援
作成日
2014.10.10
ヒット
247

済州特別自治道は9日、今年下半期の先端製造企業製造設備支援事業の対象企業を選定して先端製造設備支援に乗り出すことを明らかにした。

同事業は道内中小企業の製品生産構造を自動・大量化生産システムに改善し、生産量増加と輸出商品を拡大するためのものであり、新規または増設製造設備の費用を一部支援する事業だ。

道は今年8月から9月に申込公告と報道を通じて、今年下半期の先端製造設備投資支援事業を募集した結果、16社が申し込んだ。そのうち輸出及び生産性拡大が急務で雇用創出効果が期待される5社を選定した。

選定された企業は(株)from-jeju、(株)thezonekorea、parajeju、(株)ecopowertech、(株)DAOL産業。

同企業には製造設備導入費用1億5000万ウォンが支援される。企業負担金1億3200百万ウォンを投資して今年12月まで製造設備を設置・完了させる。

道は今回の支援で製造企業の競争力を向上させ、来年の導入設備を本格的に稼動すれば35億ウォンの売り上げ増加と185万ドルの輸出拡大、18人の雇用創出効果をあげられるだろうと見ている。


原文記事

出所:ニューシース(2014.10.9)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。