本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州中小企業技術事業化を促す協約を締結
作成日
2014.10.21
ヒット
208

聨合ニュースによると、

(済州聯合ニュース)キム・ホチョン記者=済州道と技術保証基金忠清湖南営業本部、韓国生産技術研究院済州R&BD協力団は13日、済州道庁で「済州地域中小企業技術事業化ネットワーク構築」に向けた了解覚書(MOU)を締結した。

今回の締結は済州地域中小企業の研究・開発成果に対する事業化を支援し、若者と大学生の技術創業育成に向けた相互協力に焦点を当てている。

済州道は中小企業の技術事業化を促すため、専門家協力ネットワークを構築し、制度面でも支援する。

技術保証基金は優秀技術を保有した中小企業及び創業初期企業の技術価値を評価して技術金融保証支援を行い、技術創業者の事業安着に向けた共同支援プログラムも実施する。

韓国生産技術研究院済州R&BD協力団は済州の主力産業の発展に向けた差別化を図った研究開発、中小企業の事業化連携技術開発技量強化、産学硏官技術事業化支援のための連携網構築、現場密着型技術相談、問題事項の解消支援体系の強化などに注力することにした。

済州道は雇用と所得創出のため、水応用産業とクリーンヘルス・食品産業、風力・電気車・サービス産業、観光デジタルコンテンツ産業など地域注力産業を一層発展させていく方針だ。

道内中小企業が素材開発から製品生産及びサービスまで支援されるよう、韓国生産技術研究院済州地域本部誘致にも取り組むことで合意した。

khc@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.10.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。