本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州知事、2022年を目処に済州空港インフラ拡大
作成日
2014.11.24
ヒット
238

聨合ニュースによると、

【済州聯合ニュース】ジョン・ジヘ記者=ウォン・ヒリョン済州知事は20日、「2022年完成を目指して済州空港インフラ拡大を進めている」と明らかにした。

ウォン・ヒリョン済州知事20日、済州道議会定例会本会議で「このままだと空港インフラ拡大に15年かかる」との指摘に対して、「5年後には着工する予定であり、3~4年かかると見ている」と答えた。

ウォン知事は「役務と設計、敷地購入などに最低3~4年がかかるため、早ければ5年後には着工できるだろう」とし、任期内の着工は難しい見方を示した。

ウォン知事は「今の空港を拡大したり、第2空港を建設したりしてもインフラ拡大に15年かかってはならない」とし、工事期間を短縮するため、企画財政部や国土部などと協議していることを明らかにした。

atoz@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.11.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。