本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
済州道、中国中西部地域との交流拡大を推進
作成日
2015.05.26
ヒット
210

済州特別自治道は10日、地域開発3大戦略の推進など中国政府の政策変化に対応し、中国中西部地域との交流拡大を推進すると明らかにした。

同道は既に交流関係が構築されている南北沿海都市との交流成果を具体化すると共に、上海を基点とし、長江経済ベルトに沿って東西の中核拠点都市をリンク化する交流関係を形成していく計画だ。

このため、沿海都市との交流関係を活用した観光・輸出通商・投資誘致の成果を達成できるよう、行政力を結集する。

特に上海市を中心に、緑地・百盛グループとの輸出通商成果を具体化するための橋頭堡として、8月に駐上海代表処を新設する方針だ。

また、中国政府の西部大開発戦略及び地域開発3大戦略に応じて、中国中西部を横断する拠点都市リンク化を推進していくとしている。

上海市を基点として、長江に沿って雲南省に至る長江経済ベルトを中心に、周辺の中核拠点都市との交流ネットワークを形成していく計画だ。

済州道は中国の改革開放政策を受け、1995年の海南省を皮切りに、黒龍江省まで続く南北沿海都市ベルト化を推進している。

このような交流・協力ネットワークの構築により、済州道を訪問した中国人観光客は昨年末基準で286万人を記録し、来韓中国人観光客(613万人)の47%を占めた。


原文記事
出所:ニューシース(2015.05.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。