本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山市長 投資誘致団と欧米を訪問
作成日
2017.06.13
ヒット
205

聨合ニュースによると、



【蔚山聯合ニュース】イ・サンヒョン記者=キム・ギヒョン蔚山市長が7日、米国、ドイツ、フランス、香港の4カ国を回りながら4億ドル規模の外資誘致・投資交渉などセールスマーケティングに乗り出した。

同市は、キム市長を団長とする「蔚山市海外姉妹都市の訪問団と投資誘致団」が7日から7泊10日の日程で米コロンバスとポートランド、ミュンヘン、リヨン、中国、香港を訪問すると明らかにした。

キム市長は7日~10日、米オハイオ州コロンバスで米最大の3Dプリンティング実用化研究機関である「EWI(エジソン接合研究所、Edison Welding Institute)」を訪問し「EWIコリア分院設立のMOU」を締結する。

さらに、オレゴン州ポートランドで開かれるバラ祭りに出席し、「蔚山-ポートランド姉妹都市提携30周年記念行事」行う。

12日にはドイツに渡り、W社と付加価値の高い化学製品の増設投資MOUを結ぶ。

13日、フランスでは世界一の水処理企業のSNF本社を訪問し蔚山での工場増設投資MOUを締結する。

さらに、SNF近くにあるグローバル化学企業ソルベーを訪問し、Vincent Kamelの社長などの経営陣と投資ラウンドテーブルを開き、ソルベーが稼動している蔚山の4つの事業場の増設投資を要請する。

翌日の14日には、フランスのカルティエ財団現代美術館を訪れ、蔚山に建設中の市立美術館に取り入れることのできる事例について考える。

また、3D PLM(Product Lifecycle Management)分野の世界1位の企業であるダソシステムを訪れ3D体験センターの運営事例などを検討し、蔚山の3Dプリンティング産業、スマートシティ構築など第4次産業の育成と関連した協力案を模索する。

16日、香港ではBASF香港アジア太平洋地域本部を訪問し、経営陣と投資ラウンドテーブルを開催し蔚山への新増設投資の交渉を行う。

キム市長は「今回の訪問はバラ祭り、3Dプリンティング、スマートシティなど様々なアイテムで強みを生かしている蔚山の魅力を紹介し、グローバルネットワークを通じて新たな成長の機会を設けることに大きな意味がある」とし、「セールスマーケティングの成果を最大化し、ビジネスの中心都市としての地位を高めていきたい」と話した。

leeyoo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.06.07)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。