本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山市・生産技術研究 中小企業に3Dプリンティング技術を支援
作成日
2017.08.16
ヒット
201

聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】イ・サンヒョン記者=蔚山市と韓国生産技術研究院蔚山本部は、地域の中小・中堅企業が持続的に成長し、第4次産業革命への競争力を確保できるよう、3Dプリンティング技術の支援事業を展開している。

中小・中堅企業の製造現場で3Dプリンティング技術への需要が発生すれば、同市と同院が3Dプリンティングの前処理(設計・リバースエンジニアリング)と後処理技術を含め、試作品を支援する事業だ。

同市は昨年2億ウォンをかけて20社に3Dプリンティング技術を65件支援した。

結果、企業の新規アイテム開発と改善を通じた売上高増加が36億ウォン、コスト削減3億5千万ウォン、雇用創出7人、特許と実用・新案登録3件、不良率の減少、開発期間の短縮など、様々な効果がみられた。

両社は今月から「2017年3Dプリンティングの需要と連携した製造革新技術支援事業」を希望する企業を受け付けている。

支援を受けたい企業は、韓国生産技術研究院に訪問するか、郵便または電子メール(choijh@kitech.re.kr)で申し込める。

申込書はホームページ(http://www.kitech.re.kr)からダウンロードでき、詳細は電話(☎052-980-6611)まで。

leeyoo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.08.08)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。