本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山科学大学スマートパーマーと特許技術移転協約を締結
作成日
2018.02.14
ヒット
180

聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】ジャン・ヨンウン記者=蔚山科学大学はビジネス・インキュベーター企業であるスマートパーマーと特許技術移転のための協約を締結したと11日明らかにした。

両機関はビジネス価値のある技術に対して実施権の付与と事業化推進、事業化に必要な共同研究課題の発掘と解決、技術移転と指導に向けた人的交流などを約束した。

今回の協約は蔚山科学大学の産学協力団が保有した2件の特許技術に対する通常実施権許諾を締結するため行われた。

両機関が技術移転した特許は「機能性ゴミ箱」と「プッシュプルドアハンドル」だ。

機能性ゴミ箱は一般的にゴミ箱にビニールを差し込んで使用すれば毎回ビニールを取り替えなければならないが、機能性ゴミ箱はビニールを交替せずに、連続使用できるようにした。

また、リフィル用ビニール販売で収益を上げることができるというメリットもある。

プッシュプルドアハンドルはハンドルを回転方式または押したり引いたりするだけで簡単に開閉できるようにした。

young@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.02.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。