本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大気汚染解決 蔚山市2千億投入、森の庭園都市造成
作成日
2019.01.30
ヒット
151

聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】チャン・ヨンウン記者= 蔚山市は大気汚染を解決するなど森の庭園都市を造成するための緑地・公園・山林事業の政策推進に2千億ウォンを投入する。

同市は25日、このような内容を含めた今年の緑地・公園・山林分野の推進政策を発表した。

また、「市民と一緒に作っていく持続可能な森の庭園都市造成」を目標として2千億ウォン規模の予算を編成した。

これを通じて、生活密着型エコインフラの拡充で大気汚染低減、市民が体感できる公園・緑地拡大、庭園文化の拡散で庭園都市実現、災害から安全で持続可能な山林生態系構築、森と人間が共存するエコ福祉を実現することにした。

同市は、特に、東区大王巖公園、北区梅谷公園など地域主要公園の土地買収と公園施設の拡充などへ集中的に予算を編成した。

山林資源保護と休養・文化空間を設置するための蔚山樹木園造成事業も今年まで完了し、公園・緑地を拡大する計画だ。

また、太和江国家庭園指定を実現し、地域経済を活性化して太和江を持続可能成長をリードする「グリーン・オーシャン」産業を中心に推進する計画だ。

ユン・ヨンチャン蔚山市環境緑地局長は「太和江国家庭園指定で都市ブランドのかちを高め、蔚山樹木園造成で市民の文化生活のクオリティーを高めたい」と述べた。

young@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.01.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。