本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
UNIST、7社の中小企業に「製造ビッグデータ分析」を支援
作成日
2019.11.21
ヒット
70

聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】キム・ヨンテ記者=蔚山科学技術院(UNIST)の技術経営専門大学院によると、7社の中小企業とともに「製造ビッグデータ分析プロジェクト」を始まることを20日に明らかにした。

UNISTと参加中小企業は19日に山岳融合キャンパスで発足式を行い、2020年2月までに推進するプロジェクトを開始することにした。

参加中小企業はKPXケミカル、高麗技術、KOS TECH、リンノ・アルミニウム、ソンイル企業、韓国メタル、韓国モールドなど、7社の蔚山中小企業だ。

UNISTと創業企業であるEPMソルーションズ、インターエックスは昨年共同開発したビッグデータ基盤分析モニタリングシステムである「インターワン(InterOne)」を活用し企業のデータを収集・分析・視覚化する予定だ。

既存の製造工程の問題点を把握し、最適の分析を提供する。

プロジェクトの結果は生産、品質、在庫、設備、環境安全、エネルギーなど企業の分野別の効率や経営成果の極大化に向けて活用される。

チェ・ヨンロク技術経営専門大学院長は「産業現場で最も必要とするデータ分析と革新に集中する計画」とし「中小企業を中心に製造業確信事例を生み出したい」と述べた。

yongtae@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.11.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。