本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山市、新産業インフラ構築・技術革新型企業育成へ
作成日
2020.01.07
ヒット
55

聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】ジャン・ヨンウン記者=蔚山テクノパークは今年1千205億ウォン予算を投入して「新産業インフラ構築を通じた技術革新型企業育成」という経営目標を実現する計画を5日に明らかにした。

今年の予算は2003年、蔚山テクノパークが設立されて以来最大規模の予算だ。

蔚山テクノパークは、経営目標に向けて技術革新拠点機関の強化、新産業分野革新基盤の構築、中小企業研究開発(R&BD)能力の強化、技術革新型中小企業の育成を集中的に推進している。

まず、蔚山テクノパークは新産業分野にける革新基盤づくりに向けて水素産業企業支援革新クラスターの造成、水素グリーンモビリティ規制自由特区事業に予算を拡大した。

さらに、電気自動車廃バッテリーリサイクル産業の育成基盤造成、3Dプリンティング素材商用化品質評価体系構築、未来自動車総合安全試験場の造成やスマート工場普及事業のような基盤造成関連予算も拡大した。

また、蔚山テクノパークは電気自動車・水素自動車基盤の自動運転車の開発、先端融合素材支援センターの構築、内燃機関車部品の電動化への転換技術支援など、新規事業を企画・受注することにも拍車をかけている。

地域企業の事業多角化、新規創業も積極的に支援する。

この他、新規産業分野の技術強小企業を蔚山に誘致し、地域の中小企業を技術強小企業に成長するよう援助する方針だ。

蔚山テクノパークは2019年全国テクノパークを対象とした機関経営評価で最高グレード(S)を受けた。

スマート工場の普及拡散事業を進めながら、スマートファクトリー・アワーズの企業支援分野で大賞を受賞した。

young@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.1.5)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。