本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「海上産業革命の国際標準構築」 蔚山市、デジタルクラスター調査
作成日
2020.05.28
ヒット
75


聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】ホ・クァンム記者=蔚山市は20日、蔚山港湾公社の大会議室で「国際海上デジタルクラスター構築事業の企画研究調査」の着手報告会を開いた。

国際海上デジタルクラスターは、国際海事機関(IMO)が海上安全と海運効率増進のために採択した次世代海上安全管理システムである「イ・ナビゲーション(e-Navigation)」をはじめとし、自動運航船舶、船舶・港湾物流の超連結プラットホームなど海上分野の第4次産業革命技術を国際社会が実際の海域で共同で試験・検証する協力システムだ。

今回、市が始めた調査は国際海上デジタルクラスター関連の技術開発やインフラ構築などを発掘・企画するもので、2億3500万ウォンの事業費が投入され、10月末に完了する。

主なプロジェクトは ▲ICT関連造船海洋と港湾関連産業の国内外の動向・環境分析 ▲国内スマート船舶と港湾産業関連通信技術開発現況の分析 ▲国内自律運航船舶技術開発とスマート港湾産業の現況の分析 ▲世界トップのスマート造船海洋産業と港湾物流産業のビジョンを提示 ▲自動運航船舶の国際認証と検証センター構築案 ▲スマート通信技術に適用できる自動運航船舶とデジタル港湾インフラ構築などだ。

蔚山市の関係者は「蔚山が港湾と船舶がスマート化し、安全・自動運航システムを構築して、海で国際標準に合うように共同試験を通過すれば、蔚山は第4次産業革命の新しい海洋デジタル時代をリードすることを期待している」と述べた。

hkm@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.5.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。