本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山水素グリーンモビリティ規制自由特区のR&D推進団を発足
作成日
2020.07.31
ヒット
88


聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】チャン・ヨンウン記者=蔚山テクノパークによると、水素グリーンモビリティ規制自由特区の研究開発(R&D)推進団を発足したことを25日に明らかにした。

推進団は特区6件の実証事業を順調に導くため、蔚山市、蔚山テクノパーク、24社の特区事業者で構成されている。

蔚山水素グリーンモビリティ規制自由特区は、2021年まで指定された16地域で水素フォークリフト、水素無人運搬車、水素船舶、固定・移動式充電スタンド、水素チューブトレーラなどを実証して安全基準を設けることを目指している。

事業に参加する特区企業は、該当分野で最高の技術を保有しているが、法令・安全基準の不備で商用化できなかった部分を解決することが可能となる。

今後、推進団は特区指定期間である2021年12月までシフト制で運営される。

R&D事業別の体系的な成果管理、企業別支援事業の推進、事業終了後の投資誘致など、特区事業の成功に向けて支援する。

チャ・ドンヒョン蔚山テクノパーク長は「蔚山水素グリーンモビリティ規制自由特区R&D推進団を中心に、中心水素モビリティ製品の商用化、安全基準設定など、水素経済を繰り上げることに貢献したい」と説明した。

young@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.7.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。