本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山に水素産業企業への支援基盤構築 70億ウォン投入
作成日
2020.08.24
ヒット
107


聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】チャン・ヨンウン記者=蔚山市と蔚山テクノパークが、蔚山テクノ一般産業団地に水素産業企業を支援する基盤を構築する。

政府は昨年「水素経済活性化のロードマップ」を策定し、水素自動車と燃料電池を両軸で水素生産・貯蔵・移送・活用の全分野の水素産業のシステム構築を推進している。

テクノパークは、これと関連して蔚山が産業通商資源部の「スマート特性化基盤構築」事業に選定されたことにより、テクノ一般産業団地を中心に水素産業企業を支援するために革新クラスターを構築することにした。

主力産業競争力を強化し新成長動力を創出するためだ。

同事業には70億ウォンが投入される。

テクノパークが総括主管して韓国生産技術研究院、韓国化学融合試験研究院、蔚山大学が参加する。

テクノ一般産業団地に水素生産・貯蔵・移送・活用など、水素産業の全分野で活用できる13種の特性化装備(燃料電池評価システム等)を構築する。

また、水素産業技術基盤企業を支援するためのインフラを拡大する。

水素産業業種への転換、関連専門技術の習得、安全確保事業場の造成などに向けた現場中心専門人材を養成するプログラムも行われる。

同市とテクノパークは、韓国水素産業分野における新技術検証、事業化の促進などで、水素産業の成長が加速すると期待している。

チャ・ドンヒョン蔚山テクノパーク長は、「地域経済がコロナ禍の影響を受けたが、水素産業企業を支援する革新クラスターを構築し、水素産業関連素材・部品産業を高度化して戦略的企業誘致と育成で地域水素産業をリードする計画」と9日に明らかにした。

young@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.8.9)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。