本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
水素電気自動車安全認証センターを蔚山に構築 2024年竣工
作成日
2020.12.24
ヒット
126

聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】ホ・クァンム記者=水素電気自動車安全認証センターが蔚山に設立される。

蔚山市によると、国土交通部と水素の電気自動車安全認証センターを蔚山に構築することを協議し、来年の予算に事業費2億ウォンを反映したことを11日明らかにした。

安全認証センターは、総事業費270億ウォン(国費190億ウォン、市費80億ウォン)を投じ、蔚山市北区一帯2万4千平方メートルの敷地に2024年竣工される予定だ。

センターには水素電気自動車の安全性認証・試験装備9種が設置される。

水素自動車の安全認証専門機関である韓国交通安全公団がセンターに入居して事業を主管する。

生産誘発効果は790億ウォンに達すると市は説明した。

市は2030年まで水素自動車を6万7千台まで普及し、水素ステーションは現在の5ヵ所から60ヵ所に拡大する計画だ。

6月末現在、蔚山に登録された水素車は全国で最も多い1千530台。

これは全国の水素自動車(7千628台)の20%に当たる。

市は、センターの造成で、蔚山科学技術院(UNIST)、未来車研究所、グリーンカー技術センターなどと協力システムを構築して「自動車産業ワンストップ支援システム」を完成させると期待している。

ソン・チョルホ蔚山市長は、「センタの構築を契機に、水素自動車分野の事業多角化を希望する地域の自動車部品企業のニーズも満たすと期待している」とし、「蔚山が未来車市場でも自動車産業のメッカとして位置づけられるように行政・財政支援を約束する」と明らかにした。

hkm@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.12.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。