本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山吉川産業団地の未分譲用地7万5千平方メートルを中小企業へ賃貸
作成日
2021.03.08
ヒット
123

聨合ニュースによると、


【蔚山聯合ニュース】キム・ヨンテ記者=蔚山市によると2日、蔚州郡上北面吉川産業団地内の未分譲産業用地を賃貸用地に転換し、中小企業へ安価に供給することを明らかにした。

市は、工場用地買収のための初期資本調達が困難な中小企業の負担を減らすため、「中小企業向け賃貸産業用地供給事業」を企画した。

昨年、蔚山市は釜山市、蔚山市、慶尚南道、慶州市にある中小企業3108社を対象に行った賃貸産業団地入居の希望需要調査で、14社が15万平方メートル規模の工場用地の賃借を希望した。

今回供給する賃貸用地は7万5千平方メートル規模だ。

自動車・トレーラー製造業、その他の機械および装備製造業などを運営する中小企業が入居できる。

年間賃貸料は3.3平方メートル当たり1万164ウォン程度だ。

3.3平方メートル当たり92万4千ウォンの分譲価格に1年満期都市銀行の定期預金利子率の平均を乗じた金額で算定される。

産業団地計画の変更など行政手続きを経て、今年9月、賃貸用地の分譲公告をする予定だ。

賃貸借契約と同時に土地使用が可能で、中小企業の入居に実質的に役立つと市は期待している。

5年の最初賃貸期間満了の後、入居企業が希望すれば分譲も可能。

蔚山市の関係者は、「賃貸用地の分譲が完了し、企業入居が始まれば、生産誘発効果392億ウォン、付加価値誘発効果82億ウォン、1千124人の雇用誘発効果などを期待している」とし、「地域経済の活性化に大きく貢献したい」と述べた。

yongtae@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.3.2)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。