本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「蔚山空港活性化財政支援条例」制定へ
作成日
2011.04.19
ヒット
250
제목 없음

聯合ニュースによると、

蔚山市は利用客が減少している蔚山空港の活性化に向け、財政支援条例を制定する方針だ。

市が13日に明らかにしたところによると、KTX蔚山駅の開通により蔚山空港の利用客が大幅に減少し、航空会社が運航を嫌っていることから、航空会社の赤字を補填するための「空港活性化のための財政支援条例」を制定する予定だ。

同条例は、航空機の登場率が一定水準(70%前後)を下回る場合、財政赤字のイ中部を補填することを盛り込む方針だ。

現在、浦項と原州、襄陽、群山などが同条例を制定し、地方費で年間1億ウォン~6億ウォン程度を補填している。

市は空港利用活性化協議会の意見聴取と市議会の業務報告を経て条例案を立法予告する計画だ。

これとともに、格安航空会社を蔚山空港に誘致するため、市は今年に入ってエア釜山、ジンエア、済州航空、イースター航空などを訪問するなど誘致活動を活発に行っている。

蔚山空港の場合、金浦と済州路線の平均搭乗率が70%前後で、他の地方空港と比べて高い方だが、昨年11月のKTX開通後に利用客が30~35%減少した。

市関係者は、「全国的に空港の国内線利用客が減少しているが、都市インフラのために活性化案を模索しなければならない」とし、「財政支援条例を制定し、格安航空会社誘致に積極的に乗り出す方針だ」と述べた。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.04.19)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。