本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山市長、「輸出1千億ドル突破…成長動力を育成したい」
作成日
2011.12.29
ヒット
262
제목 없음

連合ニュースによると、

パク・メンウ蔚山市長は「蔚山地域の年間輸出が念願の1千億ドルを達成した」と28日に明らかにした。

この日、パク市長は輸出関連機関の関係者らと記者会見を開き、「蔚山のような人口100万人規模の都市では世界で前例のないこと」とし、「企業関係者、労働者、貿易関係者、市民の皆様のご尽力に感謝したい」と話した。

パク市長は「年間輸出1千億ドルは、国民所得5万ドルのデンマークや石油富国イランの昨年の国家輸出規模と同じ」とし、「戦争から半世紀で貿易額1兆ドルを達成した韓国の中心に蔚山があることを大変誇りに思っている」と強調した。

パク市長はさらに「韓国近代化のメッカだった蔚山がこれから輸出2千億ドルに向けて進むことができるよう、注力産業の高度化や新たな成長動力の育成に取り組みたい」と話した。

一方、蔚山税関は同日午前、輸出額ベースで今年1千億ドルを突破したと集計し、年末まで計1011億ドルを記録するという見通しを示した。

原文記事

出所:連合ニュース(2011.12.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。