本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
蔚山市、高品質の新しい住居団地を造成
作成日
2012.02.09
ヒット
264
제목 없음

聯合ニュースによると、

蔚山市が他の地域から来た企業の役員や研究員、大学従事者などのため、高品質の新しい住居団地を造成する計画を立てている。

そのため、蔚山市は需要調査と対象地などの基礎調査、基本計画の策定などを今年に実施する計画を9日に明らかにした。

蔚山市は、他の地域から来た企業の役員や研究所の職員、研究機関の職員、大学の職員などが「蔚山の定住環境がきちんと整備されていない」と指摘していることを受け、環境に優しいオーダーメード型の住居団地を造成する構想をしている。

市街地に近く、自然環境に触れることのできる地域を指定し、共同住宅でなく単独住宅中心の敷地を供給し、小中高校の共同運営を行い、様々な体育施設を集積化する案などが取り上げられている。

道路などの基盤インフラを整備した後に敷地を分譲し、建物の高さや形などのモデルを提示して開発を誘導する方策も構想の中に入っている。

住居団地の面積は50万平方メートル程度を予想しているが、必要な場合は拡大することにしており、一般市民に分譲の機会を与える案も考えている。

蔚山市のキム・ジョンソン都市局長は「企業の役員や研究員、学者などが定住環境の不備を理由に、家族とともに蔚山い移住しない傾向がある」とし、「彼らのためのオーダーメード型住居団地の造成について議論し、必要な場合は具体化したい」と話した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.02.09)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。