本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓日友好の歴史伝える「朝鮮通信使祭り」 釜山で6日開幕
作成日
2016.05.04
ヒット
594

聨合ニュースによると、


【釜山聯合ニュース】韓国南部、釜山市の朝鮮通信使祭りが6日から8日まで市内の竜頭山公園や光復路一帯で開催される。

朝鮮通信使は朝鮮王朝時代に日本に朝鮮の文化を伝えた外交使節団で、韓日友好の象徴とされる。

この祭りは日本の江戸時代の朝鮮通信使(1607年~1811年)の様子を再現し、韓日交流の促進につなげようと2002年から開催されている。

今年は「記憶し、つなぎ、伝える」をテーマに開催され、メーンイベントのパレード「朝鮮通信使の平和の行列」(7日午後)には日本の市民や多文化家庭(国際結婚、移民者の家庭)など国内外の文化芸術団体や市民団体から約1700人が参加する。

また、今年は初めて北九州市から華やかな装飾が特徴の「山笠」が参加するほか、韓国・安東の「車戦ノリ」も披露される。

さらに、韓日の代表者12人が朝鮮通信使の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産登録を目指しパフォーマンスを行う。

釜山文化財団と朝鮮通信使ゆかりの日本の自治体などでつくるNPO法人「朝鮮通信使縁地連絡協議会」(事務局・長崎県対馬市)は3月に朝鮮通信使に関する韓日の歴史資料を世界記憶遺産に登録するよう、ユネスコ本部に申請書を送っている。

7日午後には釜山市の徐秉洙(ソ・ビョンス)市長と長崎県の中村法道知事が、竜頭山公園でのパレード出発式で世界遺産登録と文化交流の活性化を願い、宣言文を発表する。

イベント期間中は同公園に朝鮮通信使体験館や映像館、3Dフォトゾーンなどが設置される。

また、韓日文化交流をテーマにした朝鮮通信使国際学術シンポジウムや伝統公演、ミュージカルなども行われる。

sjp@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2016.05.03)