本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
釜山市、海事産業生態系の回復に向けて「海事産業革命4.0協議体」発足へ
作成日
2018.04.10
ヒット
313
聨合ニュースによると、



【釜山聯合ニュース】イ・ヨンヒ記者=釜山市が海事産業関連企業と窮地に追い込まれている海事産業生態系の復興策を模索する。

釜山市、韓国産業団地公団釜山本部、韓国海洋水産開発院、韓国船主協会、造成海洋プラント協会、釜山商工会議所、造船資機材工業協同組合など12の機関・団体は6日午後、釜山のパラゴンホテルで「海事産業革命4.0協議体」を発足した。

釜山市の経済副市長が会長を務める同協会は定期的に海事分野の最新動向を共有し、業種間の理解を深めるのを目的としている。また、問題や改善点を政府に伝える役割も担う。

海事分野で自治体、協会、関連機関などが協議体を発足したのは今回が初めて。

釜山市の関係者は「地域経済において重要な役割を担っている海運、造船産業が世界的不況により、窮地に追い込まれている」とし「海事産業が力を合わせて崩壊している産業生態系を回復させ、活気を取り戻させるのが協議体の目的である」と述べた。

lyh9502@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.04.06)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。