本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓国繊維産業の発祥地、釜山凡一洞がファッション通りに生まれ変わる
作成日
2018.04.19
ヒット
310
聨合ニュースによると、



【釜山聯合ニュース】キム・サンヒョン記者=20世紀初頭、韓国繊維産業の発祥地である釜山凡一洞一帯が繊維ファッション通りとして生まれ変わる。

同市は東区凡一洞から鎮区凡川洞までの一帯を釜山繊維ファッション通りとして造成し、多様な支援を行う計画だ。

同通りは1971年以降、朝鮮紡織、朝鮮絹織、慶南毛織などが立ち上げられた韓国繊維産業の発祥地である。

釜山市は同通りに釜山ファッション・衣類産業を総括して支援するOne-Stopコントロールセンター「釜山ファッションビーズセンター」を設立する計画だ。

同センターは東区凡一洞1千613㎡の敷地に地下2階地上6階建のビルとして建築される予定だ。

商品の企画やデザインから試作品制作やマーケティングに至るまでファッション・衣類産業の全ての過程をOne-Stopで支援する役割を果たすという。

joseph@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.04.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。