本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
釜山市を訪れる外国人観光客が1年ぶりに好転
作成日
2018.06.07
ヒット
304
聨合ニュースによると、



【釜山聯合ニュース】キム・サンヒョン記者=高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」配備の影響で打撃を受けていた釜山の外国人観光客数が1年ぶりに増加に転じた。

釜山市が1日発表した外国人観光客の釜山訪問の動向を見ると、今年4月釜山を訪れた外国人観光客数は22万7千6人で昨年同期比9.5%増加した。

昨年4月以降、減少し続けてきた外国人観光客数が初めて反騰したのである。

釜山の外国人観光客数の増加は2018年の平晶オリンピックに続き、南北首脳会談の開催などで韓半島に融和ムードが広がったためと分析される。

昨年3月、中国当局の韓国旅行禁止措置により、毎月大幅に減少し続けてきた中国人観光客だが、今年4月、合わせて2万4千79人が釜山を訪れ、前年同期比16.3%増を記録した。

日本人観光客数も日本のゴールデンウィーク(GW)を迎え、4万4千935人が訪れ、昨年同期比24.3%増加した。

台湾は42.4%、シンガポール28.4%、ベトナム27.9%、マレーシア15.4%、インドネシア17.5%など東南アジアからの観光客数も大幅に増加した。

joseph@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.06.01)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。