本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
釜山で「国際造船機資材コンファレンス」19日に開幕
作成日
2018.11.14
ヒット
261
聨合ニュースによると、



【釜山聯合ニュース】イ・ヨンヒ記者=「国際造船機資材コンファレンス」が11月19日から20日まで釜山グランドホテルにて開幕する。

産業通商資源部と釜山市が共同主催し、韓国造船海洋機資材工業協同組合が主管する。

今年は「造船・海洋産業の新しい未来を聞く」をテーマに国内外25人の専門家が参加し、環境規制の変化による造船産業の変化の流れや最新の動向について紹介し、韓国造船海洋機資材産業の未来を模索する。

グローバル産業分析専門企業の英調査会社IHSマークイットの首席コンテンツ責任者が「海運ビックデータでみる韓国の造船・海洋産業の新しいチャンス」をテーマに基調講演を行う。

また、造船・海洋産業の急変化、環境規制と船舶推進燃料の変化、海運と船舶金融、造船機資材需要のトレンドなど4つのセッションに分けて、各分野の専門家が自動運航船、サイバーセキュリティ、船舶推進用エンジンと排出ガス規制、関連技術の現状、国内外船舶金融の動向などについて発表を行う。

lyh9502@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.11.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。