本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
首都圏の強小企業4社が釜山市と新設・増設投資に関する協定締結
作成日
2018.12.17
ヒット
246
聨合ニュースによると、



【釜山聯合ニュース】キム・サンヒョン記者=首都圏の強小企業4社が釜山に投資を推進する。

釜山市は14日、ソウルのグラッドホテルヨイドで知識基盤サービス企業(22社)を対象に「首都圏強小企業投資説明会」を開催した。

説明会では釜山に新・増設投資計画のある知識基盤サービス企業4社との投資了解覚書(MOU)締結式も行われた。

MOUを締結した企業はAIA生命保険、Duzon Bizon 、セアエネルギー、スペース・エムなど4社である。

まず、AIA生命はコンタックセンターを増設し、若者や女性人材の採用に乗り出す。

Duzon Bizonは釜山支店を拡大し、IT開発人材を集中育成する。セアエネルギーは本社を釜山に移転し、新再生可能エネルギーの開発に取り組む。

釜山市の関係者は「釜山はハブ港湾と国際空港、優れた広域交通網を備えており、映画・映像、観光・マイス、金融、IT産業のような都市先端産業が融合・複合されている成長の見込みが高いメガシティだ」とし「これからも釜山の強みをPRし、企業の投資誘致に取り組む計画だ」と述べた。

joseph@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.12.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。