本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
釜山市、イスラエルファンドと協力し革新企業に投資
作成日
2021.04.23
ヒット
10

聨合ニュースによると、


【釜山聯合ニュース】キム・ソンホ記者=釜山市によると、ヨズマグループと釜山革新企業投資業務協約を締結したことを13日に明らかにした。

今回の協約は、アジア創業プラットフォームのハブを釜山に構築し、優秀なベンチャー創業企業を誘致し、青年雇用を創出するために推進された。

市とヨズマグループは、釜山の技術ベンチャー投資・金融カンファレンスとスタートアッププロジェクトの誘致、世界的なユダヤ系創業投資企業の釜山誘致、スタートアップグローバルアクセラレータープログラムの運営、売上高42兆ウォンのワイツマン研究所と技術事業化などに向けて協力する計画だ。

市は、釜山地域特化型創業投資会社の「釜山ベンチャーズ」を発足し、バイオヘルスケア、グリーンテック、フィンテック、メタバース、コンテンツ、フードテックなどの新産業と伝統産業に投資する予定だ。

パク・ヒョンジュン釜山市長は「イスラエルを世界的な創業大国に導いたヨズマグループと地域の強小企業の海外進出、海外企業とのパートナーシップなどの機会を提供できることを期待している」と述べた。

ヨズマグループのイガール・エルリフ会長は、「今回の業務協約で釜山市の製造企業とスタートアップが世界市場でチャンスを得られるようパートナーシップマッチング、戦略策定、ファンド結成などを支援する計画」と説明した。

ヨズマグループは1993年イスラエル政府が民間と共同で造成したヨズママザーファンドからスタートした。

イスラエルは運用資産4兆ウォン規模のヨズマファンドを呼び水に、ナスダック上場企業数基準で世界3位の世界的創業国家となった。

ヨズマグループの韓国法人であるヨズマグループ・コリアの2018年以降の累積ファンド造成金額は計1千869億ウォンであり、昨年ナスダックにナノックスを上場したのに続き、多数の新規上場を推進している。

wink@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.4.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。