本文ショートカット メインメニューのショートカット

投資プロジェクト

  • Home
  • 投資プロジェクト
  • 投資プロジェクト
神話歴史公園
作成日
2017.12.05
ヒット
985

■ 投資メリット

ㅇ世界レベルの観光団地
-済州道と韓国、そして世界の文化・歴史・神話が終結された世界レベルの観光団地


■ 地区別の案内


■ 事業概要

ㅇ位置:済州道西帰浦市安徳面西廣里一帯
ㅇ総面積:3,986,000㎡(121万坪)
ㅇ投資規模:2006年~2018年
ㅇ概要
-A地区(ワールドテーマパーク・宿泊施設など複合リゾート)
-R地区(オリエンタルリゾート・神話、歴史の町)
-H地区(ユーロピアンリゾート・神話、歴史の町)
-J地区(航空宇宙博物館、済州神話、歴史公園)など
ㅇ観光産業処:82-64-797-5773


■ 事業紹介

済州の文化、テーマになる
済州島は村、谷、山の峰、海岸などに独特の神話や伝説が込められています。済州島の歴史や神話、伝説といった潜在的資源を観光に活かすため、神話歴史公園造成事業を推進しています。政府が推進している「韓国型複合リゾート開発」政策に合致するこの事業を通じて、済州観光産業の質的向上や国際競争力の確保につながる土台を築きました。

14回転んでも15回立ち上がる!韓国最大のFDI実績となる10億ドル達成
この11年間、14回の投資誘致失敗を経験し、ついに13年8月、不動産開発に多様な経験と専門性を持つ「ランディン国際発展有限会社」と『神話歴史公園A、R、H地区造成』に関するMOAを締結し、事業の推進を担当する「ラムジョン済州開発(株)」を立ち上げました。続いて事業協約や土地売買契約(1,360億ウォン)を締結することで、韓国の観光産業分野としては最大となる外国人直接投資額10億ドルを達成しました。

神話歴史公園、世界を抱く
済州と韓国・アジア・欧州などの神話・歴史・文化をテーマとしたリゾート・買い物・娯楽が合わさった複合リゾートです。西帰浦市安徳面一帯の約120万坪に造成され、A、R、H、J地区に分かれています。総事業費は2兆4,129億ウォンです。

地域共生、雇用創出のお手本
JDCは事業の成功に加え、神話歴史公園造成事業が地域社会と共存し、ともに成長できるモデル構築に注力しています。JDC・地域社会・投資家が参加する共生協約を締結し、この協約に基づき建設設備、食堂、警備などに地域住民がまず参加できるようにしました。また、建設では済州地域会社の50%以上の元請けを保障し、計5,672億ウォンの工事を地域会社が受注しました。さらに、約5,000人の直接雇用が生まれ、採用人員の8割を地元住民で雇用するなど、ともに成長できる事業を推進しています。

神話歴史公園が進むべき道
A、R、H地区に位置する「州神話ワールド」は17年10月に一次オープンを、18年12月に完全オープンを予定しています。また、J地区内にはクリエーティブで斬新なコンテンツで溢れる空間に仕上げていく予定です。済州観光の新たな変革をもたらす神話歴史公園!アジアを越えて世界へとつながるランドマークとしての役割を尽くします。


■ 事業沿革

ㅇ事業施行予定者指定(2005.1)
ㅇ観光団地造成計画承認(2006.12)
ㅇ敷地造成工事着工(2007.4)
ㅇ済州投資振興地区指定(2009.12)
ㅇ敷地造成工事完了(2012.3)
ㅇ外国人投資地域指定(2015.11)
ㅇFDI 2.5億ドル追加到着(累計7.6億ドル)(2016.6)


☞詳しくはこちら