本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱出版産業支援センターが竣工…「出版コンテンツハブ」を目指す
作成日
2016.07.12
ヒット
200

聨合ニュースによると、


【大邱聯合ニュース】イ・ジェヒョク記者=大邱の印刷・出版産業のハブとなる「出版産業支援センター」が8日完成した。

大邱市達西区長基洞の出版産業団地(敷地6千㎡)に地下1階・地上6階建て、延べ面積8425㎡の規模で建てられた。

センターには、多目的室やブックカフェ、知識情報支援室、出版企業の入居スペース、電子出版共同制作センター、パブリッシング支援室、共同装備センター、共同物流センターなどが設置されている。

また、利用者が自由に変更できる空間構成、自然との親和性の高いテラス・公園造成、夜間景観のための照明導入など、利用者の利便性と都市景観に配慮した、快適な環境が目立つ。

大邱市は支援センターを効率的に運営する機関として、韓国出版文化産業振興院を選定した。

来月から準備を進め、10月頃にオープンする予定だ。

yij@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2016.07.08)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。