本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱市が国家産団の入居予定企業と懇談会を開催
作成日
2017.01.23
ヒット
260

聨合ニュースによると、


【大邱聯合ニュース】チェ・スホ記者=大邱市が国家産業団地の活性化を図るため、入居予定企業の代表らと懇談会を開催する。

同市は今月20日、別館の大会議室にて国家産業団地1段階区域に入居予定の企業の代表ら28人を招待し、工場の建築や登録、地方税の減免など支援策について説明する。

また、参加者には工場の早期着工などに対する協力を促し、入居における問題や問い合わせなどを聞く時間を持つ予定だ。

大邱市達城郡求智面の592万1千㎡の敷地に造成された国家産業団地1段階区域の一般向け分譲率は97%程度だ。今年111社が着工する予定となっている。

ドイツの「BOSCH」と「Kyung Chang industrial」が合弁した「KBワイパーシステム」など9社は昨年すでに着工を終えた。

大邱市は2020年までに近くの262万8千㎡の敷地に国家産業団地2段階区域を造成する計画だ。

チェ・サムリョン大邱市創造経済本部長は「国家産業団地が活性化するまで、定期的に入居予定企業と懇談会を開催して意見に耳を傾けたい」と述べた。

suho@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.01.19)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。