本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱経済自由区域に3社が入居
作成日
2017.07.18
ヒット
164

聨合ニュースによると、



【大邱聯合ニュース】ソン・デソン記者=大邱経済自由区域に企業の投資が相次いでいる。

大邱慶北経済自由区域庁は11日、大邱市庁でMRイノベーション、AUTO IT、AIMTと投資協約を締結する。

外国投資企業であるMRイノベーションは大邱壽城医療地区に500万ドルを投資し、本社と研究開発センターを移転する。

同社は高分子物質を用いた高機能性の生物農薬と高機能性化粧品んを開発、輸出している。

本社と研究開発センターを移転すれば98人を新たに雇用する。

ソウルに本社を置くAUTO ITも、今回の協約により大邱壽城医療地区に本社を移転する。

同社はエンベデッドシステム技術と映像処理技術を持ち、スマートカー部品メーカーと協力している。予定雇用者数は50人だ。

大邱壽城医療地区に外国投資企業と首都圏にある企業が入居することになったのは今回が初めてのことだ。

AIMTは今年下半期に360万ドルを投じ、大邱テクノポリス地区に製造工場を建てる。

昨年にサムスン電子からスピンアウトした同社は、高性能の真空断熱材分野で技術力を認められ、ドイツ企業の投資を導き出した。同社の予定雇用者数は60人だ。

sds123@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.07.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。