本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
医療ツーリズムの専門エージェンシー選定 市場多角化の狙い
作成日
2017.10.12
ヒット
113

聨合ニュースによると、


【大邱聯合ニュース】イ・ジェヒョク記者=大邱市は医療ツーリズム市場の多角化のため、担当エージェンシー7社を選定したと10日、明らかにした。

選定は専門性、商品、実行可能性、将来性などを評価して行われた。

地元企業の「ベラ・コ・カンパニー」と「ドウツアー」が最高点を獲得し、それぞれ2千万ウォンの支援を受ける。

大邱医療ツーリズム振興院の創業支援センターの入居企業3社とBIEインターナショナル、国際医療文化交流協議会にも1千万ウォンずつ支援される。

BIEインターナショナルと韓中医療ツーリズム共同組合は、中国のサードミサイル報復措置に対応する形でビューティー教育事業と野球交流といったニッチ市場を狙い、独自の商品を出した。

大邱市のホン・ソクジュン未来産業推進本部長は「最近医療ツーリズム市場で国と地域、国民性など専門性を級長したマーケティングの重要性が増し、今回の事業を進めるようになった」とし、「地域のエージェンシーがグローバル競争力を高め、市場の多角化をリードしていくと期待している」と話した。

yij@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.10.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。