本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
ベトナム最大手のベングループ 大邱市へ100億ウォン投資
作成日
2019.03.04
ヒット
101

聨合ニュースによると、


【大邱聯合ニュース】ホン・チャンジン記者=ベトナム最大手のベン(Vin)グループが大邱市に100億ウォンを投資することにした。

4日、大邱市によると、ベングループは同日大邱にベンテックコリア研究開発(R&D)センターを開き、地元のロボット企業である(株)アジンエックステックと投資協約を締結したことを明らかにした。

大邱市逹西区の城西工業団地内のベンテックコリアR&Dセンターは、ベングループの先端産業分野の新技術開発・確保を総括するブレーン機関で、研究人材は30人規模だ。

センターは今後、地元企業と共同R&D、合資会社を設立、合併・買収(M&A)など技術確保のための様々な活動を行う予定だ。

また、ベンテックとアジンエックステックは、スマートファクトリー関連の生産ラインを達城郡所在のテクノポリスに共同建設し、大邱市と大邱・慶北経済自由区域庁から行政支援を受ける投資業務協約(MOU)を締結する。

1997年に達西区に建設されたアジンエックステックは半導体とスマートフォン製造・検査化装備に入る動作制御機を中心に生産する地元代表ロボット企業だ。

今回の投資協約を通じてアジンエックステックは生産能力の拡充とベトナム市場への進出を、ベンテックはスマートファクトリー関連技術を自社工場の自動化に導入する効果を得ることを期待している。

大邱市は「ベングループのベンテックコリアR&Dセンターの設立とテクノポリス工場新設投資の2つのプロジェクト投資規模は100億ウォン以上、雇用創出効果は130人以上と予想している」と述べた。

クォン・ヨンジン大邱市長は「ベトナム最大手のベングループがアジア進出の足がかりとして大邱を選択した点が意味があると感じる」とし、「ベンテックの韓国定着を積極的に支援し、地域産業がベングループを通じて、ベトナム市場に進出する案を模索する」と述べた。

べングループは「ベトナムのサムスン」と呼ばれるベトナム最大手の企業だ。

不動産開発、流通、病院、自動車、スマートフォンなどの事業で、ベトナム株式市場(VN指数)の時価総額の24%を占めているという。

realism@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2019.03.04)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。